タクシードライバーの平均月収は?

タクシードライバーの給料形態を理解して算出する

タクシードライバーはいったいどれくらいの月収でしょうか。平均的な数字を算出する場合、地方と都市圏では多少金額に違いがあることを理解してから計算しましょう。最も多い給料形態として知られているのは、固定給プラス歩合給です。歩合給だけと考えている人も少なくありませんが、実は固定給と歩合給といった複合的な給料形態となっているため、他の職業よりも稼ぐチャンスはあると考えられています。
ただし、お客さんをどれくらい乗せたかによって給料の多さが異なるため、都市圏のように比較的お客さんが多い地域では高い月給となりやすいです。対して地方で誰もが車を持っているところの場合、タクシーを利用する人が圧倒的に少ないため、給料は安くなりがちといいます。一日の平均勤務時間としては12時間から15時間といわれています。休憩を除いた時間で働く時間が長いため、体調管理が重要となる仕事です。

都市圏は高く地方は安くなりがち

都市圏の月収の場合、比較的お客さんが多いため、稼ぎやすいです。新人であれば平均月収は20万円を超える程度とされていますが、中堅であれば30万円から50万円前後となっており、ベテランの場合は50万円を超える人もいるといいます。東京の場合は年収が400万円前半が平均となりますが、一番安い地域では200万円を少し超える程度です。そのため、都市圏でタクシードライバーを行う場合は、高収入が期待できます。また、観光地が多く観光客が大勢訪れる地域も、比較的稼ぎやすいでしょう。ただし、1年のうちで稼げる月と稼ぎにくい月が存在しているため、必ずしも全ての月で安定して高収入を稼げるわけではありません。そのため、稼げる月と稼ぎづらい月を含めて、平均を取った数字が平均月収と考えられます。