タクシードライバーは何歳まで働ける?

会社勤務のタクシードライバー

大手から中小までタクシー会社は存在していますが、一般的によく耳にする言葉でタクシードライバーには定年がないという言葉があります。しかし、色々なタクシー会社がありますが、たいていは規定で定年を設けています。60歳で定年を迎えるところもあれば、65歳で定年を迎えるところもあります。しかし、定年退職を迎えたらそれでタクシードライバーとしての仕事は終わりになってしまうのかというと、そういうわけでもありません。 タクシー会社によって内容は異なりますが、契約社員とか嘱託といった形で定年を迎えた後でも働ける環境はあります。できるだけ長くタクシードライバーとして働きたい人は入社する前に定年や契約社員等の情報も確認しておきましょう。

長く続けるなら個人タクシー

タクシードライバーでも個人タクシーの場合はかなり長く働くことができます。個人タクシー事業者の場合では、定年が75歳設定になっていますので、一般的なタクシー会社で勤務するよりも長く働くことができます。昔に比べると、最近は60歳でも70歳でも元気な人はとても元気ですから、とにかく長く働きたいという人には個人タクシーがおすすめです。 ただ、最近は高齢者の車の事故が多くなってきていることもありますので、決められた時間内で働くことを義務付けているタクシー会社も増えてきています。また、タクシードライバーの平均年齢は一般企業よりも高めですが、タクシードライバーは転職組が多いこともその理由の一つになっているようです。