免許取得に関するサポートとは?

気軽にチャレンジ出来るタクシー業界

タクシー業界は、幅広い年代の人々を採用するために、プロドライバーとしての必須資格である普通自動車二種免許取得費用をサポートしています。これによって、取得費用が結構な金額になる免許代を払う必要がない事から、若者や50代以上の人であってもチャレンジ出来る環境が揃っていて、普通自動車免許を持っている事がドライバー応募の基本条件となっています。入社した後は、研修期間中に教習所に通えるタクシー会社が多く、日当もしっかりもらう事ができ、家族がいる人も安心して働く事が可能です。なお、東京・神奈川・大阪といった交通網が発達した大都市圏では、地理試験も課されますが、それに関してのサポートも充実している会社もあります。

免許取得サポートの中身について

普通自動車二種免許取得は、全額または一部金額をサポートしてもらう事が可能で、自宅最寄りの教習所か交通アクセスのよい合宿免許タイプの教習所に通います。全額サポートタイプは、2年または3年にわたって継続して働く事を条件にしている会社が多く、短期間で離職してしまった場合は、免許費用を返還しなければならないケースがあるので注意する必要があります。一部補助の場合は、公的支援である教育訓練給付金制度などを受ける事が可能で、入学金などが支援対象となっています。この制度は、雇用保険に加入している事や離職してから1年以内といった利用条件があるので、制度を使う予定がある場合は、事前に自分がこの制度の範囲に適用しているかの確認をしておきましょう。